初めての信用取引スタートのコツ!

自分に合ったマーケットを選ぼう

信用取引ができるマーケットは主に株式、先物市場、為替取引の三つがあります。それぞれ特徴があるので自分に合ったマーケットを選ぶ必要があります。
株式は予算に余裕が無ければ参加するのは厳しいと言えます。信用取引が証拠金に対して3倍までしか仕留められていないので、少ない予算では購入できる株が限られてきます。
先物市場は、難易度が高く危険そうに見えますが、実は忠実なテクニカル分析を行えば利益を残し易いマーケット言えます。初心者の方にはオススメできます。信用取引は証拠金に対して約10倍で運用できる点も魅力的です。
為替取引はFXとも呼ばれ人気のあるマーケットです。取引ルールは簡単ですが、勝ち組は1割しかいないので初心者では簡単には利益が残せません。しかし。信用取引が25倍以上あるので少ない資金で参加できます。

ハイレバレッジを上手く利用しよう

初めて信用取引する際には、為替取引がオススメです。利益を出せるという意味ではなく、信用取引を少額の資金で行えるからです。為替取引を体感してから株式や先物市場に主戦場を変えるのも、賢い信用取引のスタートの仕方です。
為替取引は100円から始められる証券会社もあります。これは、為替取引の最大の特徴であるレバレッジのおかげです。通常、為替取引は、日本では0.1LOT=1,000通貨が最低の参加料です。1,000通貨は、USD/JPYの場合、4,000円が最低の証拠金になるので、100円で取引を行える証券会社は、初心者の方が勉強をするという意味ではと、てもありがたい存在になります。100円でもデモトレードとは違った緊張感が味わえるので、これから信用取引に挑戦される方は、是非、試してみてください。